丸亀市の紹介

はじめに

この度丸亀市では、本市中小企業のイメージや知名度向上、ビジネスチャンスの拡大を促進することを目的に、市内企業の特徴や強みを掲載した、『丸亀市企業紹介ガイドブック』を作成いたしました。

ガイドブックには市内企業57社を掲載しており、企業の基本的な情報をはじめ、事業内容や自社商品やサービス等を紹介しています。

丸亀市での就職を希望される方には、企業の活動を知るためのガイドブックとして、また、市内外の企業の皆様には、ビジネス拡大のツールとして、本冊子をお使いいただければと考えています。

丸亀市の概要

本市は、面積111.80k㎡、人口では高松市に続く香川県第二の約11万人を有する都市です。平成17年に旧丸亀市、旧飯山町、旧綾歌町が合併し現在の姿となりました。

本市は、金比羅詣での玄関口として多くの人や物資の往来がありました。このような中で、物資の集積地として、また、広域の商圏を持つ商業都市として発展しました。

本市を象徴する産品は、うちわです。安土桃山時代以前より竹うちわの生産が始まったとされ、最盛期には市人口の5%以上がうちわの生産に関わったと言われています。現在も年間約1億本を生産し、全国シェアの約9割を占め、「丸亀うちわ」として全国的に知られています。

丸亀市の産業

工業は、昭和の高度成長期に開発が進み、臨海部を中心に工業集積が形成されています。平成22年の製造品出荷額は、坂出市・直島町・高松市に次ぐ香川県4位です。

平成21年の本市産業構造をみると、第一次産業(農水産業)が19事業所・209人、第二次産業(製造業等)が852事業所・13,143人、第三次産業(商業・サービス業)が3,987事業所・33,500人となっています。第三次産業のウェイトの高さは全国的な傾向と変わりなく、経済のサービス化が進展しています。

また、業種別にみると、卸売・小売業の占める割合が26.95%ともっとも多く、つづいて宿泊・飲食サービス業が13.09%、建設業が10.13%、生活関連サービス・娯楽業が8.95%、製造業が7.12%となっています。